-公益財団法人 古都飛鳥保存財団ANCIENT CAPITAL ASUKA PRESERVATION FOUNDATION

ENGLISH

HOME  >   お知らせ  >   キトラ古墳30年の歴史(高松塚壁画館パネル展)

お知らせ・イベント情報INFORMATION

2014/01/14古都飛鳥保存財団情報キトラ古墳30年の歴史(高松塚壁画館パネル展)

高松塚壁画館 平成25年度パネル展

「キトラ古墳 30年の歴史」
(平成26年1月10日(金)~4月9日(水))
(会期中無休)

会場:高松塚壁画館

 

昭和58年11月7日にキトラ古墳で、ファイバースコープによって北壁の玄武図が発見されて30年が経ちます。高松塚古墳と並び、我が国で二番目の古墳壁画の発見は、多くの方々の夢とロマンを掻き立てました。
キトラ古墳は発掘調査によって多くの成果を得ることができました。また、壁画は現地から取り外され、現在修理が進行しています。平成28年には、キトラ古墳に隣接する国営飛鳥歴史公園内に体験学習館が開設され、そこで保管・展示される予定になっています。これに先立ち、本年4月には、東京ではじめてキトラ古墳壁画が公開されます。これまで、飛鳥の地でしか公開されていなかった壁画ですが、関東方面の方々にも、ご覧になっていただけることになりました。
このように、キトラ古墳の調査と保存は、30年にわたり多くのことを実践してきました。その最大の特色のひとつが、発掘調査ではなく、カメラによる壁画の発見でした。そして、壁画の取り外しにあたっては、新しい機器を開発し、修理には伝統と最新科学を併用したことにあります。
今回、キトラ古墳の長きにわたる調査と保存の歴史を写真パネルで公開いたします。この春の東京、そして平成28年の飛鳥での公開に期待していただきながら、観賞してください。

 
詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.asukamura.jp/topics/kitora_30/index.html


(公財)古都飛鳥保存財団

 

お知らせ一覧

このページの先頭へ