-公益財団法人 古都飛鳥保存財団ANCIENT CAPITAL ASUKA PRESERVATION FOUNDATION

ENGLISH

HOME  >   飛鳥ってどんなところ?  >   飛鳥散策スポット  >   マルコ山古墳

飛鳥ってどんなところ?WHAT IS ASUKA LIKE?

飛鳥散策スポット

マルコ山古墳(マルコヤマコフン)

古墳

石舞台古墳

※クリックすると大きな写真をご覧いただけます。

対角長約24mの二段築成の六角形墳で、高さ約5mである。墳丘の北側には石敷が巡ることや排水施設の存在が発掘調査で確認された。埋葬施設は、凝灰岩の切石を組み合わせて築いた石槨で、床や天井部分、奥壁、側壁など計17石で築かれ、天井石の内側は屋根形に掘り込まれている。石室内は全面に漆喰が施されていた。棺は、杉板を銅釘で組み合わせた木棺が想定されており、棺の表面は、黒漆や朱漆によって仕上げられた麻布が張り合わせてある。出土した遺物には、鉄釘や銅釘、金銅六花形飾金具、金銅製大刀金具、尾錠などがある。これら、墳丘、石槨、木棺、出土遺物などから、当古墳は高松塚古墳、キトラ古墳同様、7世紀末〜8世紀初頭に築かれたと考えられている。

基本データと地図
所在地奈良県高市郡明日香村大字真弓
形状六角墳
規模対角長約24m、高さ約5.3m、二段築成で一辺12mの六角形墳
築造年代7世紀末~8世紀初め

飛鳥散策スポット一覧に戻る

このページの先頭へ